FireタブレットがAirMac ExpressのWi-Fiにつながらない

2017年に購入したFireタブレット(Fire HD 8)をAirMac Expressでインターネットに接続して利用しているのですが、ある日突然インターネットにつながらなくなりました。
ネットワーク名が一覧にも表示されなくなり、ネットワークの情報を直接入力してもだめでした。

5GHz帯のネットワークに問題がある

はじめはAirMac Express自体を疑っていたのですが、調べてみるとどうやらAirMac Expressではなく5GHz帯のネットワークの問題のようです。

2.4GHz帯のネットワークに接続を試みるとちゃんと繋がりました。ふつうは片方につながれば問題ないのですが、うちは部屋によってはどちらか片方のネットワークしか電波が入らないので5GHz帯もつながってくれないと困ります。

Fireタブレットの他のモデルやFire TV stickなど、Fire HD 8以外にも5GHzにうまく接続できないAmazonの機器があるようです。

ルーターの無線チャンネルの設定が原因

AirMac Expressの無線チャンネルはデフォルトで自動選択に設定されているようです。自動選択になっているとFire HD 8が対応していないチャンネルが選択されてしまう事があるようで、それが原因でインターネットに接続できなくなるようです。インターネットに接続できるようにするためには、無線チャンネルの設定を自動選択から固定になるよう設定を変更する必要があります。

AirMac Expressの無線チャンネルの設定方法

今回はiPhoneのアプリを使ってAirMacの設定を変更してみたいと思います。まずは、「AirMacユーティリティ」のアプリをインストールして立ち上げます。

AirMacユーティリティ

次の画面になったらAirMacのアイコンをタップします。

AirMacユーティリティ設定画面1

画面右上の「編集」をタップします。

AirMacユーティリティ設定画面2

一番下にある「詳細」をタップします。

AirMacユーティリティ設定画面3

次に「Wi-Fi設定」をタップします。

AirMacユーティリティ設定画面4

Wi-Fi設定の一番下の「無線チャンネル」をタップします。何も設定していない状態ではここが「自動」になっているはずです。

AirMacユーティリティ設定画面5

「自動チャンネル」をオフにして、「5GHzチャンネル」の部分をタップします。

AirMacユーティリティ設定画面6

「36、40、44、48」の数字が表示されますので、どれか一つを選択して設定終了。最後にルーターを再起動すれば完了です。

AirMacユーティリティ設定画面7

最終更新日:2019/08/28