宮崎のこぐまラーメンで牛乳ラーメンを食べてきました

こぐまラーメンの牛乳ラーメン

宮崎市の繁華街にある、札幌ラーメンの老舗「こぐまラーメン」で巷でうわさ?の「牛乳ラーメン」を食べてきました。

まずはお店の紹介ですが、場所はダイヤモンドビルの1階路地側にあります。スナックで飲んだあとタクシーに乗るまでのちょうどいい場所にあるので、たまについつい寄ってしまうお店です。飲んだ後の締めで行く店としては定番で、昔からのファンも多いみたいです。

こぐまラーメンには爆発的にうまいラーメンがあるというわけではないのですが、とんこつ・塩・しょうゆ・味噌・チーズ・バター・チャンポン・あんかけ焼きそばと豊富なメニューに加え、どれもほどよいうまさ(全種類は食べていませんが)で、つい立ち寄りたくなる雰囲気があります。

そんなこぐまラーメンのメニューの中でひときわ異彩を放っているメニューがあります。そう、それが「牛乳ラーメン(700円)」です。

ただ興味はあるけど、安定した豊富な定番のメニューがあるのに、うまいかまずいか分からない、いやむしろまずいであろうと予想されるラーメンをこの日の〆として注文する勇気があるだろうか、いやない。おそらく人気のメニューではないと思われます。

いつか食べようと思いながら一生食べないパターンになりそうので、この日は帰りに必ず牛乳ラーメンを食べ、感想を伝えると行きつけのスナックで宣言して背水の陣で臨みます。スナックを出て、まっすぐこぐまラーメンに向かい、カウンターに座るなりノータイムで牛乳ラーメンを注文。わかりますか、このかっこ良さ。

ラーメンが出てきてまず思ったのが、「スープが白い」という事です。牛乳ラーメンなので当然といえばそうなんですが、初めての白さで違和感を覚えました。博多ラーメンやうまかっちゃんも顔負けの白さです。スープが白いため、麺の黄色さが際立ってこちらも不思議な違和感を感じました。

安価なチェーン店のウソくさいとんこつラーメンには白さを出すために牛乳を使っているという都市伝説がありますが(自分調べ)、牛乳ラーメンの白さはそれとは別物でした。

具はチャーシュー2枚、青ネギ、もやし、ゆでたまご、メンマが入っています。

味はというと、牛乳の味や風味はするが牛乳が主張しすぎているわけではなく、スープは塩がベースとの事で、あっさりでまろやか。特にまずいという事はないが、うまいという事もない。アリかナシと言われると、う〜んどっちだろう・・・。特徴があって特徴がない、そんなラーメン。

ただ身体には良さそうと感じました。牛乳が入ってるので当然カルシウムやたんぱく質、ビタミン類が摂取できるだろうし、あっさりでまろやかなスープなので胃がもたれたりする事はなさそうです。

特におすすめはしませんが、気になる方、経験値を増やしたい方は食べに行ってみてください。

最終更新日:2017/04/27